趣味と毎日

毎日起こったことを楽しく日記に出来たらいいな~ なんとまあ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

叩き潰せ!!

やっぱり強いね。
大徳。

さて、今日もやってきました対戦。
では結果を軽く。
2勝4敗。

ちなみに試したデッキ。
SR馬超R劉備U張飛U甘皇后Cチョロ
SR馬超SR旧劉備R黄忠U陳到
SR馬超SR旧劉備R魏延CチョロC月姫
の3本。

ちなみに、桃園回復は全く持ってダメダメな結果に。
正直舞より桃園中心のほうが結果が良かったかも知れないね。
なんか無理やり舞ってしまったのが痛かった。
これは厳しいな~

さて、今回は負け越しました。
ではでは負けた理由を考えて見ます。
1:無駄計略
2:騎馬の操作が下手
3:士気計算
4:相手計略の確認
5:伏兵処理
6:計略の使いどころ
以上です。
・・・
てか、これが出来ないともはや負けしかないなorz
勿論1試合に全部行なった訳ではないですよ?
では一つ一つ考えて行きましょう~

1:無駄計略
SR馬超がSR馬超に追われ、相手白銀こちらも白銀。
即行こっち馬超撤退。
正直白銀使う必要は無いですね。
これは他の手立てを考えるべきでした。
更には、チョロでまとめて挑発→逃げ場が無くチョロ撤退。
挑発は逃げ方からどのように引っ張るか考えないと厳しいですね。
ようは考えなしに計略使うなと。
計略使って防げるor計略使っても防げない。
これらの考えをしっかり持とう。
以上(ェ

2:騎馬の操作が下手
ん~槍ばっかり使っていたため、騎馬が3体とか本当にパニックになることが多いい。
さて、こればっかりはしっかり操作に慣れるのが一番ですね。
考えながらしっかり。
騎馬はオーラを絶えず纏い、いつでも突撃の体制を整え、槍に対して迎撃を食らわないようにしないといけないですね~

3:士気計算
出来れば細かい数まで。
出来なくても、ダメ計や英傑号令など士気の重いものが使えるかどうか考えることですね。

4:相手計略の確認
まとまってダメ計や妨害計略を食らうのは、正直しっかりあいて武将の確認が出来ていないのが一番の理由でしょう。
部隊を裂く。小出しにする。
これらをしっかり出来ないといけないですね。
他にも、軽い計略で重い計略を誘うとか。そこら辺もしっかりしたいですね~

5:伏兵処理
今回張飛が伏兵踏むなど、面白場面ばかりなのでしっかり伏兵対処したいものです。
今まではあまり深く考えずに伏兵がいる位置を考えながら高知力武将を進めて踏んでいましたが、さすがにそれでは通用しないので伏兵対策はしっかりするべきでしょう。
チョロで踏みたくても妨害があるのは当たり前ですが、其れをしっかり追い払いながらチョロを進める。
これが出来るといいのですが・・・

6:計略の使いどころ
ん~1の無駄計略と被りますが、此処で使えば効果が高い。
そんな風に考えて使いたいです。
例えば、相手の槍がいなくなり弓兵が真ん中よりこちら側に出ている。
そんなときに白銀で2~3部隊は撤退させて、攻城に走るとか。
こんな感じで上手く使えたらいいですね~

当面は5の伏兵処理が上手くならないと、簡単に序盤に攻城されてしまいますね。
其れを巻き返すのは厳しいので・・・
今回の失敗を教訓に生かせるといいですね。
それでは。

続きを追加しました~

・・・セッション時間って何?
正直またUP出来ずですね。
ん~こちらの話ですが、記事がUP出来なかった。(2回も)
結構書いたのに。
まあ、書き直します。
正直長くなりそうですし、あまり参考にはならないでしょう。
しかし、それでも読んでくださる方には感謝です。
それでは行って見ましょう。

桃園回復デッキを考えましたが、このデッキは如何なんでしょうね?
今回負けた理由は正直自分の腕ですね。
伏兵処理や計略の使いどころなど。
そのため、桃園回復デッキで頑張れるか立ち回りや新デッキを考えていきましょう。

では今までの桃園回復デッキを。
先ずは1号(笑)
R劉備RキョウイR馬超U甘皇后C王平
柵があり、舞を中心にデッキを組んでいます。
しかし、ステータスが平均で回復や桃園意外場を覆す計略があまり無い。また、それぞれ使い勝手があまりよくないのも厳しいかと。

続いて2号
SR馬超R劉備U張飛U甘皇后Cチョロ
高武力2体を追加し、さらには白銀を追加。
これはどちらかと言うと桃園中心ですね。
しかし、ダメ計に弱く舞に関しては舞った直後いかに守るかがかなり難しいデッキになってしまっています。

そして3号
SR馬超RキョウイR劉備Rほう統U甘皇后
2号の反省を生かし高知力組みを作りました。
しかし、その反面総武力が落ち計略への依存が強くなってしまいました。
更には2号同様舞を守る方法があまり無く、やはり計略に依存しやすいデッキです。

さて、この中で一番頑張れそうなのは2号でしょうか?
ではその2号で立ち回りを考えて見ます。

先ずは序盤の立ち回り

基本として、劉備の後ろに張飛、その後ろにチョロ、馬超。甘皇后は端攻めを狙います。
これを基本型とした場合、色々なデッキに対しての序盤の闘い方を考えましょう。

先ずはバランス型について。
伏兵がいるなら劉備かチョロで処理します。甘皇后は端攻めで相手部隊を割くことにします。
この時の注意は張飛か馬超で伏兵を踏まないことと、劉備や張飛が弓を受けないこと。更にはチョロや馬超が迎撃を受けないことですね。
とにかく無駄にダメージを受けないようにしましょう。

続いて覇王デッキみたいに伏兵が多いデッキ。
これはチョロと甘皇后でなるべく処理するのが理想ですね。
チョロは何とか伏兵に耐えられながら帰還できますし、甘皇后は序盤撤退してもあまり痛くないので。
やはりアタッカーが伏兵を踏まないことでしょう。
劉備はあまり撤退させてはきついでしょうが、それでも張飛が撤退することを考えるとケースバイケースでしょうね。

最後に呉デッキのような柵+弓デッキ。
これは劉備+張飛は中間くらいに配置し、前方にチョロ+馬超を配置しましょう。
その後弓を2体で受けながら張飛+劉備で攻めあがります。
柵を壊すことに注意しましょう。
この時の注意は伏兵と槍ですね。
迎撃を取りに槍が前進したら張飛か劉備を壁に突撃で撤退させましょう。しかし、この時伏兵も前に出てきた場合は張飛では無く劉備を壁にして突撃+ワイパーですね。
ちなみに甘皇后はこの隣を抜けて攻城を目指します。
伏兵をこの時踏んでも構いませんね。

ひとまずこの当りを中心に頑張って行きたいです。

続いて序盤から中盤

武力8と武力9を生かし攻めあがります。
この時、伏兵がまだいる場合はやはり注意しながら進みましょう。
相手デッキに対して桃園か回復か白銀か分けていくのがいいですね。
先ず号令で進むデッキに対してですが、これは2通りになりますね。
安い号令か重い号令かです。
安い号令が白銀か回復で攻めてみます。
重い号令は桃園がいいですね。
ちなみに、挑発で相手の体制を崩すのもいいですね。
とにかくあせってこちらからせめてもいいことは無いですね。
なるべく相手が先に計略を使ってもらいたいものです。
しかし、ダメ計となると厳しいものがありますね。
正直ダメ計はどれもこれも致命傷になる武将ばかりです。
では、ダメ計に対してはどういう風にすれば良いでしょうか?
2体のアタッカーに対してダメージを食らわないように立ち回りましょう。
其れしか言い様が無いですね~
まあ、一番の課題でしょうね。

とにかく中盤は計略を駆使し攻め上がるのがいいですが、焦ってカウンターを食らわないようにするのが一番ですね。

最後に中盤から終盤へ

此処は本当に予測が出来ないところでしょう。
城ダメが勝っているか、負けているか。
士気勝ちしているか、負けているか。
舞が舞っているか、舞っていないか。
兵法が残っているか、残っていないか。
撤退数はいくらか。
とにかく解らないですね。
それでも、攻めないといけない場合は桃園か白銀で攻めあがりましょう。舞はちょっと最後の攻めには不向きかもしれないですしね。

以上より

桃園回復デッキは頑張れるでしょうか?
とにかく主力の撤退が一番痛いですね。他にも無駄な計略やらなんやら。
とにかく、行動を間違えるとすぐさまカウンターを喰らいそうですね。
桃園にせよ回復にせよ白銀にせよ鋭い強さはありそうですが、其れをいかに行かせるかでしょうね。
しかし、今回許チョイク型については考察していないですね。
許チョイク型については又違う機会に、それについてだけで考察したいですね。
ジュンイクにはとことん弱そうなデッキだしな~

ひとまず、長くなりましたが、今日はこの辺にしたいと思います。
此処まで読んでくださった方には感謝です。
もし、これを読んでここが違うよとか、此処はこの方がいいんじゃない?とか、自分はこういうデッキだがこう来るとこう返すよとか、意見がありましたらコメントにでも残していただくと幸いです。
それでは。
  1. 2006/02/04(土) 18:53:35|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<討伐成功 | ホーム | 天罰よ!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oecdeep.blog35.fc2.com/tb.php/63-dbeb57e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俯瞰史記

Author:俯瞰史記
俯瞰史記はふかんしきと呼んでください。
いい加減更新の頻度を安定させたいな~
戦国もはじめました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。