趣味と毎日

毎日起こったことを楽しく日記に出来たらいいな~ なんとまあ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たまには

使用デッキについての考察でも書きましょうか~
まあ、あくまで個人的な意見という事で一つw
意見の違い等はあると思いますが、そんな意見もあるんだな~
程度に受け入れてくださいw
であ。

大徳デッキについてです。
大戦1の頃から使っているデッキですが、Verごとに若干細部が変わっていますね。
昔はSR劉備R馬超R黄忠Rほう統C張松
だったのが今では
SR劉備R馬超R姜維Rほう統Cリョカ
に落ち着きました。
まあ、どちらもテンプレ的な有名な大徳の形ですね。
バランスよく組んだ、大抵のデッキには戦えるデッキです。
両者共に扱い方はあまり変わってはいない感じですね。
ライン上げと開幕のあり方は結構変わった感じですがw

では、今よく使っているデッキを中心に大徳デッキについて考察してみますw
スペック等はまあ既知の通り。
号令は英傑号令。
士気6で蜀軍の武将の武力+5。
効果範囲は自身中心円で、効果時間は8カウントとまずまず。
大徳の号令は号令として真ん中くらいの威力でしょうかね?
何かコンボとしても扱えるが、単体でも押し切れる威力。
と言った感じ。
良くも悪くも使いやすいと言う感じですね~
簡単なコンボは目覚めや息吹など。
蜀では回復が強いので、其れをメインで組むのも良いかも知れないですね。
では、デッキ等の立ち回りなどについて。
蜀のデッキを組んで何時も思う事は、機動力をどうやって捻出するかですね。
劉備が槍なので、臨機応変に扱うのは若干難しい話だと思います。
計略持ちを騎馬にするか、武力要因を騎馬にするかにも悩みますねw
そのほかには、劉備の武力が6なので、いかに其れをカバーできるかですね。
続いて、大徳デッキでの悩みですね。
これまた個人的な意見+上記の5枚大徳デッキの話ですが。
士気を大量に使ったコンボが苦手なんですね。
士気12とかあっても、挑発で呼んで挑発で呼んで挑発で呼んで…とかしなかったりします。
その代わり士気8~9辺りで攻めるのは得意だったりしますね~
挑発で様子見してから、連環か大徳の2択とか。
大徳してから張り付いて相手の武将を挑発で引っ張るとか。
などなど。
そこら辺からか、士気12を溜めてから攻める呉や魏武デッキが相性悪い感じをするのは。
特に魏武に関しては、士気6で攻めるのがセオリーとか聞きますしね。
ちなみに、号令のガチ勝負で負ける号令は屍や孫呉や天啓や桃園や暴虐やMAX栄光ですかね~
他の号令に関しては腕の要素が大きいかと。
まあ、それ以外は何とかなるレベルもありますし。
同じ英傑の覇者や手腕は勝つには腕でしょうしね。
上記の号令に関して立ち回る場合は、挑発と連環を上手く使うことですね。
自分はあまりそこら辺が上手くできてないですが…
号令の足並みを揃わせないように挑発で呼んだり、相手の号令を高いラインで打たせたら、固まったところに連環で端攻城。
などなど…
大徳デッキはバランスよく組んでいる場合は、攻め方とラインの上げ下げが正確になればなるほど強力になるデッキだと思います。
まあ、バランスよく組んでいるためか短所を捨てて長所を伸ばす感じのデッキには弱いんですよねw
コンボデッキなんかは特にw
後は範囲の広い妨害に弱かったり…
まあ、これは槍メインであるデッキの宿命なのかも知れないですねw
それでは今日はこの辺で。
いや~書いている間に何を言いたいか忘れてしまったw
途中から内容がグデグデですが、呼んでくださった方には感謝ですw
それでは。
  1. 2007/05/21(月) 22:34:04|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あ~いま3センチw | ホーム | う~ん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oecdeep.blog35.fc2.com/tb.php/367-dbc3b511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俯瞰史記

Author:俯瞰史記
俯瞰史記はふかんしきと呼んでください。
いい加減更新の頻度を安定させたいな~
戦国もはじめました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。