趣味と毎日

毎日起こったことを楽しく日記に出来たらいいな~ なんとまあ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちょっとな~

どうもです~
この前の記事で久しぶりに三国志をやると書いたが実現できずorz
しかも、飲み会やらカラオケやらで帰ってきてから調子が悪い。
そのまま、バイトいけず断り一日中ベッドでぐだ~としていたし。

対戦が出来なかったのでリプレイやらは無し~
その代わり、友人との話で気になることがあったのでそのことを書くことに。

友人は最近まで大史慈ワラを使っていました。
そこで、自分の蜀バラでどのように立ち回るかを話し合いしてみる。
こちらSR旧劉備R馬超R黄忠CチョロC月姫
で、相手R大史慈U他周倉CケイドウエイC張梁C丁奉C朱カン

友人曰く最初は攻城できないことが多い(あまりしない)と。
勿論兵法などを使わないのであたり前のことではあるのだが、開幕攻城が開幕攻城しないで後半から立ち回りで勝つことをしていると。
ふと、気付いて聞いたが

其れって開幕攻城のワラワラデッキじゃなくても良いじゃん?

しかし、ワラワラしたデッキが好きとのことで。
更に話を聞くと後半からは朱カンの火計であらかた一掃してから数の暴力と回転率、大史慈の弓で巻き返して攻城を狙うと。
そこで、こちらのデッキでどのように戦うか考えてみることに。
先ずは開幕。
此処が大事。
序盤は月姫は端からの攻城を狙い、それ以外は騎馬はなるべく弓を集め、劉備は横からガリガリ槍で削り黄忠は援護。
まあ、序盤に月姫が端攻めしようとしてぶつかり合いになったらそのまま足止め+チョロが攻城開始。
勿論各攻城は、相手の戦力を割くことが目的。
相手として、弓集めの騎馬を周倉の槍で牽制するらしい。
が、そのくらい解っているから迎撃受けないようにするでしょう。
というよりも、伏兵が居ない時点で馬超は自由に動けるし最初の配置の仕方を知っているから黄忠が弓を受け無いところに配置することは楽に出来る。
大史慈が弓を当てられずに動くなら其れはそれで好都合。
早いうちに攻城組みを蹴散らせれば簡単に序盤は制することが出来るであろう。
まあ、エグイ一騎打ちが発生しなければ大丈夫であるだろう。
そんでもって中盤、後半
相手は休むことなく復活の回転率で責め続ける。
こちらの選択肢は大徳or挑発
特に大徳は相手が高武力が大史慈一体なので簡単に覆せる選択肢であろう。
しかも相手のせめての一つは火計。
単純に黄忠、馬超のどちらかが焼けなければ良いため、部隊は3つに分かれる。
黄忠チョロ組み、馬超月姫組み、劉備単体。
劉備を真ん中に大徳して攻城を目指す。
仮に、天衣無縫ならば挑発→岩場当りに突っ込ませる。
などしてやり過ごす。
必要ならば、挑発メインで岩場などに全員もってくるのも一驚だろう。

とは言うものの、相手はこちらより長い連環を使ってくるのでそこを如何にかして防ぐことと、大史慈をいかにやり過ごすかが大事であろう。
考えてみるとやはり楽には勝てない相手である。

しかし、最近友人がデッキに飽きたといって呉バラに変えたらしい。
SR呉夫人R孫策R大史慈R周泰C虞翻
これと今の蜀バラで考えてみると、かなりきつい。
序盤に柵が3枚あるし、賢母をされると大徳しか太刀打ちできないだろうし、自爆系はやり取りが難しい。
う~ん唯でさえ呉は苦手意識があるからどうにかしたい。
何とか色々考えて見ましょう。

何か良い対策が有りましたらコメントまで~
よろしくお願いします(他力本願ジャン(´Д`))

今日はこの辺で~ノシ
  1. 2005/12/17(土) 23:38:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ついに~ついに~ | ホーム | 明日はきっと。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oecdeep.blog35.fc2.com/tb.php/24-bd2bf2bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俯瞰史記

Author:俯瞰史記
俯瞰史記はふかんしきと呼んでください。
いい加減更新の頻度を安定させたいな~
戦国もはじめました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。