趣味と毎日

毎日起こったことを楽しく日記に出来たらいいな~ なんとまあ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グダグダw

今日は懲りずにプレイしてきました。
VerUP後初めてですね。
確かに回りに弓が増えていたw

さて、使ったデッキ~
R張飛R馬超R魏延U劉禅(戦器付きw)C月姫
デスw
結果は2勝2敗。
微妙な感じでした。
ひとまずリプレイですが、今回はちょこっと疑問符が付く試合ばかり。
勿論自分にですよ。
という訳で1戦目
相手:屍、2コスト実質剛健、武力6の麻痺矢、コスト1落雷槍、凡将
まあ、屍やられると厳しいけど何とかなるかな~と思い開戦。
序盤は失敗。
馬超と魏延が迎撃の嵐で撤退。
残る3馬鹿の張飛もさすがに耐え切れず撤退。
序盤に再起叩きました。
しかし、再起からカウンターで押さえ込み城門に魏延が1発入れたような。
その後押し合い攻め合い落雷で(ェ後半に馬超の城門も入れる。
相手の増援も相手陣地で使わせて後は屍を止めるだけ。
落雷と言うとってもいい止め方があったにも係わらず、何故か仁王を使ってみる。
+劉禅と月姫は端攻城。
が、相手の数を減らすことは出来るも張飛は撤退。
残りの馬超と魏延で守るもラスト0カウントで城門に槍攻城が入り逆転負けorz
さて、敗因。
相手の号令が屍で5枚ならば落雷で攻めるべきでした。
また、最後の攻防戦で月姫と劉禅を端攻めしてしまったが残りカウントを見ても攻城は不可能。
数を減らす目的ならば1体でよかった。
このことから月姫辺りは城に残しておくべきでしたね。
そうすれば攻城は入ることが無かった・・・
悔やまれる試合展開。
まあ、そんな収穫があっただけでも良しとしますか。
それでは残りは明日(今日だけどねw)の記事で。
  1. 2006/09/11(月) 00:04:21|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<それが張飛だ~ | ホーム | VerUP>>

コメント

勅命仁王!!

劉禅の戦器はいかがでしたか?
カウントが心なしか伸びてる気がするはずですのが(ウソつけw

仁王じゃなくてもいい場面で仁王を使う。
R張飛を使ったことある者なら、一度は体験してるはずですよねw
後ろから突撃が入ってしまうであろうタイミングで、私も仁王を使ったことあります。
しかも呂布の突撃で(何

屍デッキ戦、惜しいですねぇ。
劉禅は端攻城しかできないから、その必要がなくても端攻めさせてしまいますよね。
それにつられて夏侯月姫まで行ってしまったんですねw
  1. 2006/09/11(月) 00:25:02 |
  2. URL |
  3. 晃 #-
  4. [ 編集]

レス

>晃さん
確かに乱戦力といい、計略時間といい移動速度といい何かにつけて上がっているがしましたw

しかし、仁王って使いどころを考えると本当なくてもいい感じがして・・・
それで使ってしまう感じがありました。
屍デッキ戦は、本当大局を見る力のなさが出てしまった試合でした。
頑張らないと。
  1. 2006/09/11(月) 22:03:17 |
  2. URL |
  3. 俯瞰史記 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oecdeep.blog35.fc2.com/tb.php/225-78e6d9fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俯瞰史記

Author:俯瞰史記
俯瞰史記はふかんしきと呼んでください。
いい加減更新の頻度を安定させたいな~
戦国もはじめました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。