趣味と毎日

毎日起こったことを楽しく日記に出来たらいいな~ なんとまあ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月曜リプレイ2回目w

え~1日のリプレイを2回に分けてやるのは初めてのような気がしないでもないようなそうでもないような・・・
すっかり前に書いたことなんて忘れているので仕方ない話なんでしょうねw

前回までのあらすじ。
教え白銀討伐で4戦してLE関羽を手に入れたので早速車輪を試してみました。
デッキは
LE関羽U張飛U穆皇后C月姫C趙累
です。
夢のあるカードが約一名。
R趙雲のほうが良いかと思いましたが張飛で良かったです。
起こった一騎打ちが張飛だけでしたのでw

ではリプレイを。
1戦目:大徳デッキ。
序盤に攻め込むも、槍撃の使い方がヘタレすぎたのであまり攻城は入りませんでした。
それでも攻城が入ったのは相手が再起だったのが大きかったです。
辺に士気を使ってしまい微妙な試合運びに。
一応忠誠を舞うことに。
何とか兵力150%辺りまで溜めることに成功。
んで相手は士気12から大徳→落雷。
こっちは車輪号令。
何とか勝ちました(ェ
相手がまとまって行動したのが大きかったですね。
車輪はまとまると破壊力は高いです。
そのまま攻城し落城はしなかったような・・・
とにかく勝ちw
2戦目:呉涼のデッキ。
一番の接戦でした。
Rカクがいたので士気の使用を抑制された感じ。
序盤は弓がいなかったので端攻城を穆皇后で防ぎ、相手を増援使い壊滅に追い込む。
カクの伏兵を何とか関羽で処理し張飛が城門に着くことに。
相手は再起を使い、更に陳武の男の意地で対応。
こちら張飛の車輪で粘り何とか城門1発入れることに成功。
こちら関羽不在のときに攻めてくるので落雷で対処。
相手はすかさず虚誘掩殺。
武力+7されるが柵などで何とか頑張り攻城は貰わず。
残りカウントが30以上はあったので再び攻め上がる事に。
相手は再起を使った後なので落雷で2体狙いで攻め手を欠けさせる。
すると、範囲がはずれ1体に、しかも陳武に・・・orz
相手は勿論虚誘掩殺。
が、こちらも士気4あったので殆ど武力上昇はなし。
何とか守ろうとすると、華雄の悪鬼。
武力20以上になりとめる手段もなしに主力撤退。
相手は華雄と槍孫策で張り付き攻城。
何とか復活した穆皇后などの1コストで守り、タイムアップ。
相手の悪鬼分の減りで勝ちました。
ギリギリすぎて本当”あぶね~”と声に出してしまう始末。
本当いろんな意味でギリギリな試合でしたよ。
3戦目:確か桃園デッキだったような。
序盤は槍撃対決になりましたね。
相手が再起でこちら増援という事もあり序盤は簡単に勝てました。
そのまま攻城し、仕切りなおし。
再び攻めるも確か、桃園前に劉備を落とし相手は号令を失う。
こちらは車輪号令で押し出し、城門に固まる。
復活した劉備が出てくるも、一瞬で兵力半分に。
更に気が付いたら撤退w
車輪つえ~と思いましたよ。
確か落城勝ちしたような・・・

で感想ですが、槍多いデッキは久しぶりなので槍撃の上手いやり方はまだ見つけてないですね。
続いて車輪号令。
やはり相手が号令しないのであれば強いかと。←当たり前w
号令対決では勝ち負けがきっぱり分かれますね。
穆皇后。
確かに兵力200%は強い。
しかし、逸れに至るまでが難しい。
相手に弓がいなかったのが幸いですが、弓がいたら兵力回復なんて出来ないですね。
そんな感じかな?
それでは長くなったのでひとまずこの辺で。
では~
  1. 2006/07/04(火) 23:07:38|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<車輪車輪。 | ホーム | 久しぶりにプレイ>>

コメント

おおおおおっ

遅くなりましたが、LE関羽おめでとうございます!!
初LEが関羽とは、やはり俯瞰史記さんは車輪と縁があるみたいですね(^^

そして忠義の舞い車輪が炸裂してますね~。
なるほど、関羽や張飛の槍が穆皇后への侵攻を阻むのですね。
兵力200%まで持っていくのは大変そうですが、持っていけた時の達成感はデカイでしょうね(^^
関羽と張飛を二回も倒さないといけないとか、、、恐怖ですよw
  1. 2006/07/05(水) 20:25:43 |
  2. URL |
  3. 晃 #-
  4. [ 編集]

レス

>晃さん
ありがとうございますね。
本当車輪に縁があるんでしょうかね~

相手に弓がいないと守るのは簡単かもしれないです。
舞なので有る程度の攻城は見過ごすのもありなので、守り方は色々あるでしょうね~
其処をいかに自分なりに確執できるかでしょうね。
  1. 2006/07/06(木) 22:19:10 |
  2. URL |
  3. 俯瞰史記 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oecdeep.blog35.fc2.com/tb.php/186-aa6e1fc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俯瞰史記

Author:俯瞰史記
俯瞰史記はふかんしきと呼んでください。
いい加減更新の頻度を安定させたいな~
戦国もはじめました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。